• 屋久島ガイド協会について
  • ツアー催行までの流れ
  • 料金表
  • よくある質問
  • お客様の声
  • ツアーレポート

猿と鹿の楽園、照葉樹の森を探検気分で散策する。 西部林道コース

西部林道コース 写真

最新ツアーレポート  お客様の声

屋久島にはふたつの貴重な森があります。
雲や霧が常に漂う蘚苔林とも呼ばれるヤクスギの巨木の森。
もうひとつが四季を通じて青々と輝く緑の森、照葉樹林です。西部林道は島の西側、国割岳の裾野に広がる世界最大級の照葉樹林。世界自然遺産地域では唯一、海岸部から奥岳へと連なっているエリアです。
ここにはハイキングコースなどは設定されていませんが、ガイドの案内でガジュマル、アコウ、ヘゴシダなど亜熱帯性照葉樹林の森林ウォークを探検気分で楽しめます。

西部林道 地図

コースのみどころ

ヒマラヤから東西アジア、西日本へと広く分布している照葉樹林帯は日本文化のルーツといわれていますが、そのほとんどが開発により消滅してしまいました。
シイ、タブ、ツバキなど森を形成する樹木の種類が多いのが特徴です。人類の祖先が暮らした森の中を歩くとゆったりとした落ち着きを覚えます。ヤクザル、ヤクシカなどの大型哺乳類やさまざまな鳥たちが生息している楽園でもあり、自然のままの生態を間近に観察できます。

ガイドからのアドバイス

屋久島といえば屋久杉の巨木と苔の森というイメージばかりが定着していますが、「森林生態系の多様性」が屋久島の最大の特徴です。日本列島が凝縮されているといわれる島のいろんな場所で植物を観察してみましょう。
馴染みのある木や花が環境に順応してたくましく生きています。

ツアー料金

お申込み人数 1~2名 3名 4名 5名 6名 7名
お一人様の料金 11,400 9,000 7,800 7,000 6,600 6,200
ご予約はこちら
資料を請求する
E-mail
PAGE TOP
 

ツアーのご予約はこちら

ツアー予約状況

資料請求をする

お問い合わせ

宿の手配承ります

ツアー内容

  • 森 ツアー一覧はこちら
  • 山 ツアー一覧はこちら
  • 川 ツアー一覧はこちら
  • 海 ツアー一覧はこちら

レンタル用具

服装・装備チェック

ガイド紹介

リンク集

世界遺産 屋久島

新着ツアーレポート

E-mailを送る